マナー 基本動作

正しい座布団の座り方!座布団のマナーとNGも解説

座布団の座り方

スポンサーリンク

座布団の正しい座り方ってあるんですか?

 

普段家では使わないので、お呼ばれしても恥ずかしくない

座布団のマナーを教えてください

 

 

和室には座ぶとんはつきものですが、最近の住宅の洋風化にともない、

座ぶとんの知識もうすれてきているようです。

 

座ぶとんの正しい知識を持ち、

座ぶとんの座り方、おり方なども練習しましょう。

 

本記事の内容

  • 座ぶとんの正しい向き
  • 座ぶとんの正しい座り方と降り方
  • 座ぶとんのNGマナー

 

座ぶとんの正しい向き

座布団の座り方

 

座ぶとんには、表と裏、前と後ろがあるって知っていますか?

お客様がこられたときは、向きを間違えないように

置いておきましょう。

 

座ぶとんの表と裏

 

座ぶとんの表裏は縫い目を見ましょう。

 

縫って裏返すときにきせをかけますが、

きせをかけた方、つまり縫い目が上から下にかぶさっている方が表です。

 

房(ふさ)はだいたい両面についているので、縫い目で判断をして下さい。

 

座ぶとんの前後

次に前後ですが、座ぶとんは長い布を2つ折りにして

3辺を縫って仕立てています。

 

なので必ず1辺縫い目のないところ、つまり「輪」があるので、

その輪のところがお客様の膝前にくるようにしましょう。

 

これらのことに注意をして、お客様に座っていただきたい位置に座ぶとんを置きます。

 

座ぶとんの絵柄って向きに関係ないの?
座ぶとんの輪と絵柄が一致しない座ぶとんもたまにあります

 

変則的な仕立方で絵柄の上下と輪の位置が一致しない場合があります。

のようなときは柄を生かします。

 

絵柄とお客様の向きが同じになるようにします

 

 

また、カバーのかかった座ぶとんは、ふだん用のものとされますが、

ファスナーやホックのついている方がお客様の後ろにくるようにします。

その場合も絵柄によっては柄を生かしましょう。

 

ココがポイント

輪やファスナーよりも絵柄を優先して向きを決めましょう。

 

座ぶとんの座り方と降り方

座布団の座り方

座り方といっても座ぶとんの置かれた状況等で臨機応変にできることが必要ですが、

まずは 基本となる形をしっかりとおさえておきましょう。

 

座ぶとんの座り方

 

step
1
座ぶとんの下座脇に座ります。

 

step
2
すすめられたら、失礼いたします等と挨拶をし跪座(きざ)の姿勢をとります。

 

step
3
跪座(きざ)の曲折で座ぶとんの方に斜めに向きます。

 

step
4
片膝づつ座ぶとん中央まで進み、開き足で片足づつ座ぶとんにのせながら正面に向きを変えて正座をします。

 

座ぶとんの降り方

 

step
1
座ぶとんから降りるときは「失礼いたします」と挨拶をしてから、座ぶとんの上で跪坐の姿勢をとります。

 

step
2
開き足で片足づつ座ぶとんから足をはずします。

 

step
3
片膝づつ斜めに下ってきて跪坐の曲折で座ぶとんの下座に降り正座をします。

 

 

略式の場合

 

略式としては座ぶとんの後ろに正座し、挨拶のあと、跪坐(きざ)の姿勢をとり、片膝づつ進んで正座をします。

 

あるいは跳坐(きざ)の曲折で座ぶとんの方に向きを変えたら、

両手を軽くついて片膝づつ進み正面に向きを変えて正座をします。

 

降りるときは、端座(たんざ)の姿勢で両手を軽くつき斜めに片膝づつ下り座ぶとんの横に正座をします。

 

 

これらの動作も急にやろうと思ってもなかなかできないものです。

日頃から修練を繰り返し美しい動作を身につけておきましょう。

 

 

座ぶとんのNGマナー

座布団の座り方

部屋の状況等により、きめられた作法通りに出来ない場合がむしろ多いように思います。

 

そこでどんな場合でも絶対にしてはいけない

NGマナーがいくつかあるのでまずそれを心得ておきましょう。

 

座ぶとんの上に立ったままのらない

 

立ったままツカツカと座ぶとんを踏んで立ってはいけません。

寝具のふとんなども同じですが、それらばかりでなく物を踏むということは極力さけましょう。

 

正坐した両膝をあげて座ぶとんを引き込んで座らない

 

厚みのある座ぶとんを引き込んで座る姿は

決して美しくはないですし、そそうにもつながりかねません。

 

両膝を揃えたまま座ぶとんに飛びのらな

 

座ぶとんの座り方が分からないからといって、

座ぶとんに飛び乗るようなことはやめましょう。

とても子どもっぽく見られてしまします。

 

座ぶとんの位置を勝手に動かさない

 

上座に置かれた座ぶとんを遠慮するあまり、

下座の方に動かしたりすることはしないようにしましょう。

 

座ぶとんは、椅子と同じくどうぞここにお坐り下さいという所に

敷いてあるのですから、勝手に動かしたりしてはいけません。

 

座ぶとんは裏返さない

 

帰るときに自分が使った座ぶとんを裏返しする必要はありません。

座ぶとんの扱いは応接側の仕事です。

 

 

まとめ

座布団の座り方

  1. 下座脇に座り
  2. 跪座の姿勢をとる
  3. 跪座の姿勢の曲折で座布団のほうに向き
  4. 片膝ずつ中央に進み、開き足で片足ずつ座布団に乗せながら正面に向きを変えて正座をする

座布団の降り方

  1. 跪座の姿勢をとる
  2. 開き足で片足ずつ座布団から足をはずす
  3. 片膝ずつ斜めに下り、跪座の曲折で座布団の下座に降り正座をする。

座ぶとんを使う機会が少ないぶん、いざというときに

正しいマナーができない可能性があります。

 

応接する側も、お呼ばれする側も正しいマナーを身につけて

恥をかかないようにしましょう。

 

オススメサイト

ラン活(ランドセル活動)はこれを見ればOK!

小学校6年間使うランドセル選びはランドセルの教科書をCHECKしましょう。

 

全94社を比較して分かった最新ランドセル情報が掲載されています。

 

よんでほしい記事

ミニマリスト 本 1

ミニマリストの人たちって どんな本読んで参考にしてるの?   Instagramのフォロワーさんに オススメの本を 教えてもらったよ!   Instagramはこちら☛ミニマリスト ...

-マナー, 基本動作

© 2021 ミニマリストの教科書 Powered by AFFINGER5