マナー

お茶とお菓子の位置はどこ?手土産は出すの?

お茶とお菓子の組み合わせ

スポンサーリンク

お茶菓子をだすときは左右どちらに置いたらいいんだろう
お客さんが持ってきたお茶菓子はだしたほうがいいの?

 

こういった疑問についてお応えします。

 

本記事の内容

  • お茶とお菓子の位置・マナー
  • お茶とお菓子の組み合わせ
  • お客さんからの手土産の扱い方
  • お茶菓子をいただくときの作法

 

お客さまをおもてなしする際に大事なことのひとつである

お茶とお茶菓子のマナー。

あなたはなんとなく、出してしまっていませんか?

 

恥をかかないように要チェックです。

 

お茶とお菓子の位置はどこ?

お茶とお菓子の位置

まずはお茶菓子のだす位置についてです。

 

正しい位置は、

お客様から見て「お茶が右、お菓子が左」になるように置きます

 

食事の配膳と同じようにお客様の食べやすさからきているとおもいます。

 

食事の配膳についてはこちらの記事も参考にしてください。

ご飯の配膳の位置はどこ?正しい配膳の仕方と食器の向きを解説

今度お義母さまが家に来られるのですが、和食器の向きや配膳の仕方がわかりません。恥をかかないように教えてください。   こういった悩みに答えます。   本記事の内容 和食器の向き 配 ...

続きを見る

 

 

 

お茶と茶菓子の出し方

お茶とお菓子の出し方

お茶はキッチンでそれぞれの茶わんに注ぎ、

お菓子と一緒にお盆にのせて運ぶのが一般的です。

 

個包装されているお菓子は包装を外してお皿に乗せるのがマナーです。

手が汚れてしまうようなお菓子の場合は、

くろもじやフォークを添えて出しましょう。

 

お茶と茶菓子は、運ぶときから正面をお客様の方に向けて持っていきます。

菓子皿や茶托・茶碗などの絵柄があれば、絵柄がお客様に向くようにしましょう

 

蓋つき茶碗は蓋と茶碗の絵柄を合せます。

 

座っているお客様にすすめるときは、お客様の3歩ぐらい前で跪坐になり膝進して近づきます。

 

客間に運んだらお盆を一度下座側に置き、

和室なら畳の上に洋室ならテーブルの端に仮置きをします。

 

茶わんは茶たくにのせて両手で持ち、上座から一人ずつ出していきましょう。

 

ココに注意

提供する際に先に出したものの上を別のものが通過する

「袖越し(そでごし)」はマナー違反です。

 

袖越しをしないために、上座が左右どちらなのかを把握しておきましょう。

 

上座と下座の位置が分からない方はこちらの記事をチェックしてください

和室
【和室の上座と下座】ビジネスにも使える8つの場面の上座と下座も紹介

今度お呼ばれしたんだけど、 和室の下座ってどこだっけ??   私はよく仕事場で接待があるんだけど、 色んな場面で上座がどっちか分からなくなります。 しっかりと頭に入れておきたいな &nbsp ...

続きを見る

 

お茶と茶菓子をどちらを先に出すかはお客様の左右どちら側から出すかによって変わってきます。

 

お客様の左側から出すときはお茶が先、右側から出すときはお菓子から出します

 

上座が左側であれば、1番左の方からお茶を出し、

上座が右側であれば、1番右の方からお菓子を先に出す

というように、臨機応変に対応しましょう。

 

 

コーヒーや紅茶の出し方

コーヒーの出し方

 

来客時はコーヒーや紅茶と洋菓子を置く場合も最近は増えてきています。

この場合は、洋菓子をお客様の正面に置き、

コーヒーや紅茶はお客様の右手奥に置きましょう。

ホットの場合、カップの取手とスプーンの持ち手はが右にくるようにします。

カップに絵柄がある場合はお客様に正面が向くように置きます。

 

アイスで出す場合は、机が水で濡れないようにコースターを敷きましょう。

出し方はコースター、アイスコーヒー、ストロー、ミルクやシロップの順番です

 

大人数の場合、ミルクやシロップはカゴなどにまとめて置いても大丈夫です。

 

 

飲み物とお菓子の組み合わせ

お茶とお菓子の組み合わせ

苦みのあるお茶やコーヒ―と甘いお菓子

甘味の強いお菓子やケーキと

味の濃いお茶や渋いコーヒーを組み合わせてだすと

喜んでいただけます。

 

和菓子であれば饅頭や羊羹、洋菓子であればケーキやマカロンなど。

 

玉露や抹茶は味が濃くお菓子を食べた後の甘味を

スッキリさせてくれます。

 

煎茶も口の中がさっぱりするので色々なお菓子に合わせやすいと思います。

 

 

 

口の中が乾くお菓子には飲みやすいお茶を

焼き菓子や、きな粉がかかったお菓子、パウンドケーキなどは

食べた後、とても口が乾きます。

 

そのようなお菓子には、ゴクゴクと飲めるような

番茶やほうじ茶を出しましょう。

 

喉が渇いてしまうお菓子の場合、お茶のおかわりは

お客様からが言い出しにくいものです。

もてなす側がお茶のおかわりにも気を配るようにしましょう。

 

 

手土産のお菓子は出した方がいい?

手土産はお客様にだすのか

ビジネスマナーでは、頂いた手土産をお客様にだすことはマナー違反とされています。

 

お家の場合でも、もてなす側がお菓子を先に用意しておき

そちらを出すことがマナーですが、

 

お客様が一緒に食べようと思って持ってこられたものは

遠慮なく一緒に頂きましょう。

 

例えばケーキやアイスなどすぐに食べられるものや

時間が経つと味が損なわれるものも出してもいいとされています。

 

その際は一言添えて出しましょう。

 

 

 

お茶やお菓子の頂き方

お茶やお菓子の頂き方

次は客として訪問した際の、お茶やお菓子の頂き方です。

相手の方に失礼のないように、マナーを学びましょう。

 

お茶の頂き方

「頂戴いたします」「いただきます」など挨拶をしてから頂きましょう。

 

茶宅や蓋がついているお茶の場合は、まず茶托を自分が飲みやすい位置に引き寄せます。

 

そして茶碗の蓋は、右手でつまみをとり、奥に傾けながら開け、

右ふちを通って右中央まできたときに、あおむけて茶わんの右横に置きます。

 

飲むときは、右手で茶碗をとり左手を添えていただきます。

 

茶碗が高さのあるものであれば、右手で横から取り上げ左手を添えます。

 

茶碗が背の低いのものであれば右手で右斜め上から取り上げ左手で扱い、

右手を茶碗右横に持ち替えていただきます。

 

正面の絵柄をさけて頂く心掛けは、お抹茶のときと同じですが、

茶碗やにその場の状況に応じて振る舞いましょう。

 

お菓子の頂き方

お茶菓子は、その場の雰囲気や状況に応じて、

季節の和菓子やおかき、時には、梅干しや塩昆布などさまざまです。

 

あまり形にこだわらずにいただけばよいと思いますが、

おまんじゅうや大きなおせんべいを丸かじりするなどはやめておきましょう。

 

和菓子なら添えてあるくろもじなどで

一口に入るくらいの大きさに切っていただきます。

 

お干菓子(ひがし)は手でつまんでかまいません。

 

大きいものは、こぼさないように

お皿や懐紙の上で割っていただきましょう。

 

 

お茶もお菓子も残さないことを原則としますが、

 

銘々皿に出されたお菓子を残すときは、懐紙につつんで持ち帰ります。

 

ココに注意

茶碗のふちに口紅をつけたままとか、汚れたくろもじなどをそのま

まむき出しで帰ってはいけません。

 

汚れたくろもじは懐紙につつんで持ち帰ってもよいとされています。

 

楊子やフォークなどは見苦しくない程度にぬぐって、

いただいたあとも美しくあるように心がけましょう。

 

 

まとめ

お茶と茶菓子の出し方・頂き方を紹介しました。

 

お客様からみて右側がお茶、左側に茶菓子がくるように置きましょう。

コーヒーや紅茶の場合はお客様からみて正面に洋菓子、右奥に飲み物です。

 

お客様が持ってこられた手土産はお出ししないのが通例ですが、

ケーキやアイスだったり、一緒に食べようと言って持ってこられたものは

出してもかまいません

 

反対に訪問した立場の場合は、

最初に「いただきます」や「頂戴します」と一言添えてから

キレイに頂くことを心がけましょう。

 

 

 

よんでほしい記事

ミニマリスト 本 1

ミニマリストの人たちって どんな本読んで参考にしてるの?   Instagramのフォロワーさんに オススメの本を 教えてもらったよ!   Instagramはこちら☛ミニマリスト ...

-マナー

© 2021 ミニマリストの教科書 Powered by AFFINGER5