マナー

ご飯の配膳の位置はどこ?正しい配膳の仕方と食器の向きを解説

スポンサーリンク

今度お義母さまが家に来られるのですが、和食器の向きや配膳の仕方がわかりません。恥をかかないように教えてください。

 

こういった悩みに答えます。

 

本記事の内容

  • 和食器の向き
  • 配膳の位置

 

箸の種類と用途を知りたい人はこちらもチェック

箸の種類
箸の種類と名前【用途別に解説します】

箸にはたくさん種類がありますが、 どのような場面でどのお箸を使えばよいかわかりません。 箸について教えてください   このような疑問にお応えします。   箸は普段の食事で使うような ...

続きを見る

 

 

食器の向き

 

食器の向き

日本料理は、自然をそのまま生かした調理や盛り付け、

そして食器にも、自然そのままの絵柄や形が表現されています。

 

そのため食器の向きはとても大切になってきます。

 

細長い木葉の形は、葉先が左

ひょうたんの形は、太くなる方が右

全開きの扇は要を手前

半開きの扇は要が右

縁の高低があれば低い方が手前です。

 

器と蓋の柄合わせにも心配りを忘れないようにしましょう。

 

なお、風景画のように
絵づけされたものなどは絵柄で判断します。

 

配膳の心得

配膳の方法

家庭における普段の食事では、

料理屋、レストランなどの専門料理とは違った配膳になります。

 

料理をすべて盛り付け、全部配膳し終わったところで家族全員が一斉に食べることになるからです。

(配膳されている料理屋さんもあります)

 

料理を食卓にどう配膳するかですが、その配膳にも原則的な作法があります。

3種類の場合の配膳

配膳の仕方

 

まず、食卓の一番手前、

食卓の緑より指三本位の位置に箸置きを置き箸先を左側にして箸を置きます。

 

次にご飯を左、汁を右に置きます。

ご飯と汁物の間隔を15センチくらい

開けておくと左手で汁碗を楽に取り上げられます。

 

 

5種類の場合の配膳

配膳の仕方

 

左手に持って食べる椀もの、鉢もの側は左に置き

置いたまま食べるもの、例えば生き物、焼き物、揚げ物などは右側または中央に配膳します

 

 

8種類の場合の配膳

配膳の仕方

品数が多くなってくると、どこに置けばよいかわからなくなりますが、

以上の図を参考に、小鉢は中央に置くとよいでしょう。

 

 

この原則は、右手で持った箸で左の方に置いた料理を取るのは取りづらいことと、

左手にもつ椀や鉢が左側にある方が合理的だということです。

 

ココがポイント

手に持って食べるものは左、置いたまま食べるものは右に置くということを頭に入れておきましょう

 

 

左利きの場合の配膳

和食 配膳

基本的には、左利きであっても配膳の位置は変わりませんが、

お箸だけ左にむけて置いてあげましょう。

 

左利きの方からすると、非常に取りにくい配置になってしましますが、

ご飯と汁物を反対に置くのは、仏壇などへのお供えものとされています。

 

なので、左利きの方だから食べやすいようにと、

左右逆に配膳してしまうと、失礼な行為になってしまうことがあります。

 

左利きの方もご飯が左、汁物が右という配膳に慣れている方が多いので

そこは通常通りの配膳の位置にしておきましょう。

 

まとめ

食器はなんとなくおいてあるように思いますが、実はちゃんと「正面」があります。

食器の向きを意識して食事を盛りましょう。

 

そして、なんとなく配膳するのではなく、

食べていただく方がより食べやすいように

左側に持って食べるもの、右側に置いて食べるものを置くようにしましょう。

 

ここをしっかり押さえとけば、恥をかくことはありません。

配膳のルールを完璧におさえたらこちらもチェック

よんでほしい記事

ミニマリスト 本 1

ミニマリストの人たちって どんな本読んで参考にしてるの?   Instagramのフォロワーさんに オススメの本を 教えてもらったよ!   Instagramはこちら☛ミニマリスト ...

-マナー

© 2021 ミニマリストの教科書 Powered by AFFINGER5